上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眠って起きることとか、

お風呂に入っていることとか、

コーヒーを飲んでいることとか、

当たり前のことが、
実は当たり前じゃなかったことに気付いて
感謝する日々。

自粛というのは
自分で判断して自ら粛するものだから、
人が決められるものじゃないと思うんだ。
人を慮るのは大事。


各々の判断で良いと思う。
スポンサーサイト
2011.04.20 いきかた
こんな大きな震災があって、
あらためて自分の今あることに感謝すべきなんだけど。


むしろ震災があってからこそなのか、
今の状況から「逃げたい」って思ってた。
仕事をしてても、人と話して笑っていても、
心がどっか空中から見下ろしてる感じ。

逃げたい、って
なんじゃろうね、もう。
なにゆってんだか。


「こんなことをしてていいのか」
「もっと人のためになる仕事ができるんじゃないのか」

とか

肩肘張って意地になって
頑張っていくことの意味とか。

もっと、自然体で
自分が役に立てることは他にあるんじゃないかとか。


そこに自分の幸せがあるのではないかと。
いまはなんか違う気がしてだな…


いっぱい考えてしまって、
もうやだ、って思っていたけど、



やっぱりそう思うことが
贅沢なんだという結論に落ちついた。



きっぱりと人生の切り拓くことはできないけど、
目の前のことを一生懸命頑張ることはできる。


それで十分とは言わないけど
それが精一杯ですよう。



最近ぼんやりしていた私に、
チャリティーコンサートの企画をしてみろ、と
話がふってきた。




「ちょっと人に役立てることをやらせてあげるから、
くよくよせずにまじめにがんばんなさい。」


と神様に言われてるような気がしたのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。