上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.09 56日目
人生の空白期間に26歳を迎えてしまいました!

あーもう。


でも、矢印が上がったあとでよかった。
復帰が決まってからだいぶ気が楽になったよ。


そして、休職日数にあらためてびっくり。
56日間も、私なにしたんだろう。

なんとなく、
這い上がるためにもがいた気がする。
人と会うのも、
外に出るのも、
何をするのも、
一時期はしにそうに億劫だったから。

そんな自分に、なんでもいいから変化を起こすには
行動を起こすしか方法がないって
どこかで分かってたと思う。

本当に、いろんな人に助けられました。
いつもの自分を振る舞えたのは周りの人たちの気遣いのおかげ。


先日会社の上司2名と会ったときに、
すんごく心配してくださってて
かつ私の「やりたいこと」を前提に今後のことを考えてくれていて、
本当にいい上司に恵まれたと思えた。よかった。

でも、やっぱり心の調子はあまりよろしくない方向に。
「会社の人と話す」っていうのは
いまだハードルの一つ。


とはいえ、
日常生活においての心身の状態はだいぶ回復した。
4月の状態からは考えられない。

あとは、仕事にもどったときにどうなるか、それだけが心配です。
スポンサーサイト
2011.07.10 わかった、
6月中旬くらいから

「わたしはもうだいじょうぶなハズ。」

って思ってたけど、



先々週より先週、

先週より今週のほうが調子がいい。



ってことは、

ポジティブにいえば
100%に近い状態ってこんなに調子がいいんだ、って思えるし

ネガティブにいえば
もしかしたらまだ100%に戻っていないのかもしれない。
80%なのかもしれない。


健康で、取り急ぎ大きな悩みもなくて、
目の前のことに集中できる状態っていうのは
「ふつうな状態」と考えがちだけど、



でも、自分の「ふつうな状態」って
いったいどの状態を指すのか、
正確には測れないのが分かった。
気づいたら「私ってこんなだっけ」って思い出せなくなる。


いま自分が最大限に良さを発揮している状態が100%だとしたら
気付かないうちに
80%、75%、70%と下がっていくのかもしれない。

それは体調だったり、
メンタルだったり、
交友関係などの環境によるものだと思うけど


自分のコントロールがしっかりできている人って
きっとこのあたりの「状態の把握」ができているんだと思う。


鈍いのと強いのはちがうね。



何が言いたいのかというと、


50%くらい回復→「嬉しい」って感情がもどってきた
90%くらい回復→「好奇心」って感情がもどってきた


のに気づいたわけ。
やっぱり心身は健康でないと、前向きにもなれないみたい。





2011.07.22 先輩たち
この記事はブロとものみ閲覧できます
2011.07.26 「頼る」って
土曜日の夜中に届いたメールで
かなりパニくってコントロールきかなかったんだけど、


そもそもだれかのメールで動揺するのが
久しぶりだったので
冷静に考えると懐かしかった。


だれかを心の支えにしていて、その人の言葉を頼りにすることは
今までもあったことだけど、
それが一人にしぼられすぎると

強くてモロイなーと思う。


その人の存在が恒常的に在ればいいんだけども。
部署異動とか転勤とかあって
決して存続が保障される関係じゃないから、


なるべく自分の足で、
自分の満足感やらモチベーションやら行動を信じて動きたいと思いつつ。




時にたくさんのパワーをもらえる
けど
その脆さや危うさが怖いな。

多くを望むわけじゃないので、
いてもらうだけでいいので、って思う。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。