上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歴史のお勉強
平凡社「昭和史」戦前編より
1853年~1921年(明治~大正まで)

各国の状況を追ってみましょう。

ロシア
冬は凍ってしまうシベリアには自由に出入りできる港がない。
不凍港がほしい!
→満州へ強引に乗り込んで旅順・大連を自分のものに。
さらに南下、朝鮮半島へ勢力を広げました。


日本
ロシアの南下に脅威を抱き、自存自衛のために
日露戦争を開始!
それに勝ったおかげで日本は諸権益を得ます。
具体的にはリャオトン半島、南満州鉄道などなど。

さらに鉄道守備の名目で、
軍隊をおきました。
(最初は1万人から、後に70万人まで増え関東軍とよばれる)
1936年には広田内閣で
「二十年間百万戸移住計画」として、人口を満州へ移民させました。
結果として満州人や朝鮮人の土地を強制的に奪う、
格安で買い取るなどして恨みをかいました。

清国
ふがいない「軍閥」にまかせていては
独立国家になれない、と
清王朝を倒して独立政府をたてる革命運動が起こります。

孫文や蒋介石らによる辛亥革命(1911年)

中華民国の成立(1912年)


ヨーロッパ
ドイツ VS イギリス・フランス・ロシアの
第1次世界大戦が勃発(1914年)

忙しくてアジアどころではなくなったヨーロッパ勢。


日本
いまがチャンス!とばかりに、
まだ弱体な中華民国政府に対して強引な要求をつきつけます。

二十一カ条の要求(1915年)



中華民国
日露戦争に勝ったからといって急に威張りだした日本に対して
反日感情がいやでも大きくなってきます。
それまで欧米の列強に対して抱いていた怒りが、
主として日本へ向けられるようになりました。

北京の学生が中心となって日本に対する猛烈な抗議運動を
日本が弾圧する事件が発生。

五・四運動(1919年)


ロシア
国内でロシア革命がおこり、ソビエト政権が樹立。
社会主義国への国づくりがはじまる。(1917年)


中華民国
蒋介石率いる「国民党」軍が非常に強くなり、
中国共産党との戦いに勝利。
日本がもっとも危険視していた中国の国家統一が完成にちかづき、
内戦も終結しつつあった。(1926年)



日本
日本を取り巻く環境がどんどん悪くなっていく、
国際情勢が激動しはじめた時期に「昭和」がスタートしたわけです。

しかし、どうしても満州と朝鮮半島はおさえておかねばならない。
昭和の日本人がもっとも解決を急かれる命題として。

昭和の諸条件は常に満州問題とからんでおこります。



・・・「昭和史」の勉強なのに昭和に入る前につかれたよ。
今日はここまで!

キーンコーンカーンコーン

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://konatsu78.blog112.fc2.com/tb.php/21-735cea75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。